2017
2017 年Second Flush Darjeeling

Rishi - hat tea plantation

リシ―ハット「リシ―ハット茶園」

Grade DJ--143(CH-MUSK) (Fin Tippy Golden Flowery Orange Pekoe)

ふわっとした大きめの茶葉で、水色(すいしょく)は、ごく淡いオレンジ色です。茶葉の大きさを表すFTGFOP1(EXFLY)Extra Floweryの略で、花のよう香りがあります。渋みは少なく、まろやかで甘みがあり、飲んだ後にも余韻が残ります。ぜひストレートでお召し上がりください。




茶園情報】ヒンズー語でリシーは「聖者」、ハットは「場所」を表す。
つまり、リシーハットとは「聖なる場所」である。
19世紀半ばに創設された茶園。リシーハットとはダージリン北西部のイースタンバレーの標高約1000〜2000メートルの高さの斜面で茶葉が栽培されている。
どの茶葉も充分に日差しを浴びる事ができる。その中でも特に日照時間が長い東の斜面は、いち早くクオリティーシーズンを迎える。
。国際規格ISO9002も取得されています。

ふわっとした大きめの茶葉 淡いオレンジ色です 茶葉の出殻からも円やかで
フルーティーな香りがします。
アルミパケット入り50g-税込価----\1.890

Rishi - hat teaFactory

Tasting

Snap with the manager

wibering

美味しい紅茶の入れ方
  • 新鮮なよい茶葉を使う。
  • 茶葉の量を正確に量る。
    1人分を約5g〜6gを茶葉を使います。(1人分が400 ccの場合)
  • 新鮮な水を使う。
    水は空気をたっぷり含んだ軟水がベスト。 汲みたての水道水を使いましょう。汲み置き水や沸かし直しの湯はいけません。
  • 沸騰したてのお湯を使う。
    沸騰したての約95℃のお湯を使います。(目安は小さい泡から大きな泡に変わる時、笛つきケトルの場合いは小さいピーから音が変わる時)お湯の温度を下げないために 使用するティーポットはあらかじめ温めておきましょう。急須でも構いません。
    95℃のお湯で入れると、葉が浮いてきてポットの中で上下します。これをジャンピングといいます。
    (茶葉によってはジャンピングしないものもありますが、決し て品質が悪いというわけではなく、その茶葉の性質もあるようです。)
  • 蒸らす時間を定める。(5分から6分)
    ふたをして蒸らします。紅茶のおいしさの成分が出てくるための大事な時間。
  • 甘み成分は下に沈んでしまいますので軽く混ぜて下さい。

top