アフリカンジョイ

ケニア

ケニアの紅茶の生産量はインドに次ぐ世界第2位です。
世界一のお茶の輸出国であるケニアは100年前にお茶の栽培を始めて以来、
お茶の栽培に農薬は使用していません。アフリカでは一新二葉を丁寧に手で茶摘しています。
工場も近代的で、驚くほど衛生的です。

ケニア紅茶の特徴


ケニアオレンジペコ  ----------------------------

ケニアは赤道直下の熱帯の国ですが、お茶は標高1,800m2,500mの高地で無農薬で栽培されています。
一年を通じてお茶が作られ、2週間に一度の割合で同じ茶の樹から茶摘みをします。

このオレンジペコーは、アフリカ第二の高峰ケニア山麓で、キクユ族の小規模農家によって栽培され、

カンガイタ製茶工場でオーソドックス製法で作られた大変珍しい紅茶です。
真紅の水色、深いコクと新鮮な茶葉の味わいをストレートまたはミルクティーでお召し上がりください。



tpo