2020年ヴィンテージ ウバティー間もなく終了致します。
Vintage Uva tea It will end soon

Seylon Tea 2020

Vintage UVA

Dicickwella T.E

ディックウェラ茶園
この土地には、最も強固な茶畑が広大に広がっている地域という独特な利点があります。
上部の畑は標高4000フィートを超え、高収量エリアは海抜2500フィートまで下がります。
デックウェラは、マルワット渓谷の端にあるバドゥーラの植栽地区に位置し、シーズン中にめざましい
お茶ええお生産することで知られています。様々なお茶を生産することができます。
このプランテーションは、気象条件を最大限に活用するために、この地域dw最も高い山の頂上に建設された、
もっとも戦略適に配置されたファクトリーに一つです。それはウバ地区のほとんどの部分で見ることができます。
このような標高で建設された工場を誇ることができるのは、ウバのほんのはずかの土地であり、
その結果7月~9月までの季節にいくつかの優れた小さなサイズの茶葉えお生産することができます。


1930年ウバ地区のプラッキング
風景写真
1930年生葉の計量風景今も
昔も変わりありません

1930年イギリス人のティステング
1930年完成された茶葉を荷車で港まで輸送します。
2010 Ceylon tea plantation Weighing British TistengFactory tengu 1930 finished tea leaves and then transported
to the port in the cart.

ヴィンテージウバ

現在の生葉の計量風景

ヴィンテージウバ(茶殻)              ウバリーフ

Uva

【セイロン紅茶の品質区分】
スリランカでは製茶工場の位置する標高によって品質を3段階に分類しています。

ウバ ヌワラエリヤ ディンブラ
茶葉 赤褐色
細かい、BOP
緑味を含む赤褐色茶殻も緑茶のよう 茶褐色
BOP
風味 芳醇で刺激的な味、強い香り 緑茶に似た適度な渋み、デリケートな花香 クセのないマイルドな味わい
水色 赤みの濃いオレンジ色 淡いオレンジ色 明るい鮮紅色
適する飲み方 水色・香りをストレートで楽しむか、ミルクティーで ストレート クセがないので幅広いバリエーションに
収穫シーズン クオリティーのピークは7~9月 クオリティーのピークは1~3月 クオリティーのピークは1~3月
その他の特徴 世界三大紅茶のひとつ
ゴールデンリング(※)
日本の緑茶に近い感覚で楽しめる 高品質なハイグロウンティーであるが、タンニンは少なめ

スリランカ

生産量は世界第2位、輸出量は世界第3位のスリランカ。世界中でスリランカ産の紅茶が飲まれています。

スリランカのセイロンは紅茶の代名詞

生産量はインドに次いで世界第3位、輸出量は世界第3位。かつての国名「セイロン」は紅茶の代名詞としてその名をとどめています。
セイロン紅茶の主な産地は、気候の影響と、11~2月の北東モンスーン(貿易風)、5~9月の南西モンスーン(偏西風)により
、中央の山岳地帯を挟んで南東側のウバ地区と西側のディンブラ、ヌワラエリア地区に分かれます。北東モンスーンは海から水分を運び、
中央山脈の北東斜面に多くの雨を降らせ、南西斜面のディンブラ地区には乾いた風があたります。反対に南西モンスーンの時期は
コロンボから中央山脈南西部の大茶園は雨期となり、生産量は増えます。セイロン紅茶は水色、味、香りの3要素のバランスが良くとれていることが一般的な特徴です。

ストレートティーのおいしいいれ方

ストレートティーの場合、英国式の「ゴールデンルール」にしたがっていれると、
紅茶本来の味わいが楽しめます。

  • 1.汲みたての新鮮な水を沸騰させます。5円玉くらいの泡がボコボコ出るくらいの状態になるとよいでしょう。
  • 2.ポットとカップにお湯を注ぎ、温めます。お湯は余裕をもってたっぷり沸かします。